友人のママの誘惑がハンパないのでヤった。[pietro] | 2次元ドットコム

デジ同人情報を毎日更新、ショップ別に徹底比較 2次元ドットコム
デジ同人情報を毎日更新、ショップ別に徹底比較 


FacebookTwitterShare on Google+LINE it!はてなブックマークpocket
最安
756 円
公開日
サークル
タイプ
ファイル

友達の家に遊びに行った少年が偶然にも友達のママのオ○ニー現場を見てしまい、そこから突如、急展開でエ〇チなことに発展し結果最後までヤってしまう話です。
■あらすじ『今日もイケメンネハルトくん』とニコやかに挨拶をするのはハルトの友人のママだった。
宅配が来てると部屋に入ってきて伝えに来たのだ。
『あ…いえ』『今度、芸能事務所にハルトくんのこと応募しちゃっていいかしら?』と冗談めいた問いかけにもうまく返せずもじもじしているのはハルトである。
『わりぃな、ババぁハルトのファンなんだよ』友人のコウタは母親がハルトのことを好きでいるのを知っていてそれが絶対的に気持ち悪いのを存分に感じており、思春期ど真ん中の男子にとってそれもそのはずだ、謝罪したくなるのもうなずける。
『ああ…』ハルトははっきりとした返事をしないのには理由があった。
なぜなら、コウタのママは美人で巨乳でエロいのだ。
来ている服もピチピチでむちむちおっぱいやケツがはち切れんばかりだ。
わざとか?と思わせるほどだ。
ハルトは当然ながらこの家に遊びに来ると何とも言い難いドキドキの感情に見舞われる。
体がふわふわと半無重力になるのだ。
それはエロい友人のママに会えるからだ。
『ちょっとトイレ借りていい?』『あーいいよ、オレも寝るわ、ガチャ出ねぇしダリぃ』さらにはママに気に入られていて悪い気なんて1ミリもない。
コウタが謝るなんてとんでもないとんでもないといったところだ。
でもそれを言えるわけがない。
だから切れの悪い返しなのだ。
ウゥゥゥゥーン一階の廊下にあるドアの向こう側から妙な音がする、、気になったハルトはそのドアの隙間から興味本位で覗いてみたのだった。
『あんっ…あっ…あんっ…!』なんと、コウタのママはバイブでオ○ニーをしている最中だったのだ。
ここから怒涛のエロい展開になることはハルトは知らないそんなとき、偶然ハルトのスマホから着信の音が激しく鳴ってしまったのだ焦るハルトだが時すでに遅し『誰?…ハルトくん…?』『あっ…すみませんあのっととっトイレ行ってきます』覗きがバレたハルトは、その場を切り抜けようとするも、、『待って…来て…』全身が固まるハルトはコウタのママのエロくやさしい言葉に部屋の方へ足が進む、まさに降伏した兵士のようにママの元へ向かうのだった。
『オ○ンチン起ってる…』『やらしいこと考えてたの…?』『み…見ててないです何も…』『あああッ!おばさん!』突如、ハルトのコカンを握りさすり始めたママはハルトが自分にも気があるのを当然悟っていたのだ。
ハルトだってまんざらでもなかった。
コウタは寝ている、、興奮が最高潮だ、、コウタのママがエロってきてる、、次の瞬間ハルトは赤く勃起した鬼頭にママのフ〇ラが炸裂したのを感じた、、、ハルトは好奇心と興奮の爆発に身を任せコウタのママのエロい誘導に躊躇なく突き進み獣のようにハメまくっていき興奮の頂点に達したママはコウタの膣内発射を受け入れてしまう―。
基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。
よろしくお願いします。

pietro の作品が 127 件見つかりました 全9ページ