デジ同人作品DB『2次元ドットコム』 - pietro

デジ同人情報を毎日更新、ショップ別に徹底比較  2次元ドットコム
[> デジ同人情報を毎日更新、ショップ別に徹底比較
 
ローディングサブタイトル
はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 Googleブックマークへ追加 TwitThisブックマークへ追加

キーワード検索

2次元ドットコムの作品データベース

2dgen.com work search form
あり
完全一致
複数単語で検索:スペース区切り (例) カバン 学校
表示

 [> サイト別 - 公開サイトを選択

 [> ジャンル - 作品の内容を選択

 [> ファイル - 保存形式を選択

 [> タイプ  - 作品の保存種類

119件見つかりました 全4ページ

 1 | 2 | 3 | 4 | 次へ

部長おばさんの弱みを握ったらすぐヤれた。

部長おばさんの弱みを握ったらすぐヤれた。

[ 詳細] 2018-06-21 [pietro]

最安:604 円

DMM同人 604

清掃員のチャラ男が部長である巨乳の熟女おばさんの不倫現場を知ってしまい、それをゆすってエロってみたらながらも部長おばさんはすぐに股を開いて簡単にチ〇ポされてしまう話です。■あらすじ『ちゃーす』『カオリさん今日もキレイっスね』『ど…どうも』日曜日の昼―。とあるオフィスに二人きりの男女である。その会話である。男は清掃員。過度な日焼けと金髪がトレードマークの容姿で軽快な口調とノリはチャラ男というにふさわしい。方や、女は部長だ。落ち着いた雰囲気と色っぽさがある。いや、美人で巨乳でのスーツの感じがエロいまさにヤリタイ女の象徴である。名は『カオリ』。どこかカオリはすこし警戒気味な様子でチャラ男の会話を遠ざけようとしているのは以前からナンパをされているからだ。それもそのはずカオリはエロい。年増だが一発ヤリたいと思うのは男なら当然だ。しかし、清掃員という間接的な立場からオフィスの職員をナンパするのは特権だに責めるチャラ男だった。『聞いていいスか?カオリさん』『…?』『不倫してるっしょ?』突然の質問に書類を持つ手がピタっと止まるカオリだったが、相手にしないでおこうとその場をそれなりにやりすごしてデスクに戻ろうとしたそのときだった、カオリは脳天を撃ち抜かれた。『見ちゃったんだよね?コレ!』『あんっ!あんっ!ケンくんもっと突いてッ!』スマホを片手に提示され、そこに映っていた動画はデスクに手をつき後輩と思われる男との激しい立ちバックの様子だった。全身の血の気が引き体温はもう感じないほどの状態だが汗が止まらないカオリは、『…それは』と声に出すのが精一杯だった。その三文字があらわすのは言うまでもない、'事実'だからだ。すべての事実が露呈しさらにはバレたくないランキングナンバー1の男にそれが知れてしまったという絶望感にカオリは硬直するしかなった。『オレ前からさーカオリさんのこと好きなんスよ』『不倫相手でいいから追加してよオレも』『…そんな…』『でないとバラしちゃうよ会社のみんなに!』『…さ…最低』『ホラもう!しゃぶってしゃぶって!』カオリはゲスなまでのチャラの要求にヘドがでるほどの体感を味わったが、部長職という立場と、世間体を無視するわけにはいかずそれを拒否することは1ミリもできなかった。。。チャラ男は二人きりのオフィスで恥じらいもなくの真っ黒なチ〇ポをとしながらカオリの顔に近づけとフ〇ラの圧をかける、、、カオリは、そのチ〇ポをにぎりそっと口に含み舌と頭を揺らし降参のフ〇ラをはじめた。これをきっかけにチャラ男はパイズリク〇ニ正常位バック騎乗位とあつかましくもとオスの交尾を展開し年下の男に存分にパコられまくるカオリはやがて体の反応に逆らえなくなりチャラ男の大量の精子を受け入れてしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

人妻がオークと遭ったら秒でハメられた。

人妻がオークと遭ったら秒でハメられた。

[ 詳細] 2018-06-11 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

美人で巨乳の人妻が旦那と長いセックスレスで悩み出会い系サイトに登録した瞬間、突然オークの世界に飛んでしまい目が合った瞬間いきなりマ〇コチ〇ポされてしまうお話です。■あらすじ『あなたごめんなさい』『こんなのってよくないの』『わかってるんだけど…』夜―、とある住宅街とある一軒家、、、シーンと耳の中の音が聞こえるほど静まり返ったそのリビングで美人で巨乳の人妻はスマホ片手に画面を見つめていた。『異世界への素敵な出会い』旦那とは長いセックスレスにあるその人妻は溜まりに溜まっていた。女を忘れたくないというよりは女の喜びにも似た欲求か、人妻はそのサイトをクリックするのであった。旦那への罪悪感はもちろんあるがもう遅いのだ、溜まり溜まった心と体はもう我慢の限界に達しているのだ。満たされたいのだ。女として。『キャ…』『誰…?』『ウヒヒ…』そんな思いを胸に釈然としないままであるが、就寝につこうとした矢先になにものかが目の前に現れたのだ。こんな夜中に家に入ってくる者がいるなんてと恐怖で声も出ない人妻。それもそのはず、目の前にはオークが立っているのだ。ブタのような顔をしあまりにも醜姿とあまりにも大きな体でそこに立っているのだ、そしてこう言い放った。『人間オンナだ』『射精してやるウヒヒ』『きゃあああ!』『なに!?なに!?何が起こってるの…!!』『ここはどこ!?』そこはどこかわからない森の中だった。夢か現実か?人妻に知る由もなかったいや、そんあなことはもはやどうでもいいのだ。なぜなら今目の前にいるのは性欲に満ち溢れた醜いバケモノに襲われようとしているからだ。『きゃ!!』もう遅かった。恐怖と状況把握で混乱している間にオークに取り押さえられてしまった人妻は死に物狂いで叫ぶもその声はどことも知らない森の深みの中に吸収されどこにも届かなかった。ゲームオーバー。つぎの瞬間にはフ〇ラおっぱい舐め手〇ンと激しい責めを食らう人妻であった。化け物の腕力の前に必死の抵抗もむなしく人妻はヤられまくった。3Pだ。正常位、パ〇ズリ、騎乗位などおもちゃのように軽々と持ち上げられマ〇コめがけてオークは千〇ポをと挿入しまくるのである。しかし人妻も女。拒否をつづけていたが体は反応していまっているのである。久々のセックスにマ〇コは自分の意志とは反対にじゅくじゅくに濡れチ〇ポを欲しがっていたのだ。オークはを処理するために人妻をつづけてオカしまくる。躊躇はない。動物のようにひたすらにだ。やがて人妻は快楽の頂点に達しオークたちの中だしをうけいれまくる―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

借金のカタにヤりました。

借金のカタにヤりました。

[ 詳細] 2018-03-26 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

清楚で純朴な少女が父親の借金によってその体を差し出すことになり、契約者であるブ男に夜道でヤられてしまう話です。■あらすじ『…いやっ!やめて…』『カワイイなぁたまんないなぁ…ウヒヒ』『…あああんっ!』夜―。田んぼが一面に広がる田舎道の端っこ。草むらのなかでブ男にハメられている少女の声だ。助けの声などどこにも届かない。少女はただ抵抗をつづけていたが、絶望の声とは裏腹にどこか本気が感じられない抵抗がそこにはあった。少女は理解していたのである。受け入れなければいけない事実を。『じゃ娘さんはボクのものってことで』『い』それは父親の借金だった。それのカタに自分のカラダを差し出さなければならないということ、ブ男にマ〇コをとオモチャにされるということ。少女は地獄に落ちたような気でいた、早く終わってとただそれなり抵抗するだけ。しかし本当の地獄はそれだけではなかった。裏切りというものがもうひとつのしかかっていたのだ。その悲しみに打ちひしがれ、抵抗する力が内から湧きあがらないのだ。股を開きただと揺れるだけ。。それは父親の裏切りだった。『生娘買います』というネットでみつけたブ男と契約をしたのだ。借金500マンが帳消しになる条件を進めてしまったのだ。『娘に何をしてもいい』という契約だ。当然ながらそんな話は少女は知るよしもない。勝手に売られたのだ。『やッ!ちょっと何するんですか…』『斎藤ケンジさんの娘さんですよね?ウヒヒ』そしてソレは夜道でそれが実行されたのだ。少女はハメられることをのみ、父親の裏切りをのむ。それを理解し、フ〇ラパ〇ズリマ〇コチ〇コ手〇キごっくん正常位バック騎乗位…とオモチャにされ、すべてをブ男に捧げ、ヤられ、ヤられまくる、やがては抵抗も虚しく少女の若く張りのあるとしたマ〇コ内にブ男の精子は発射される―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

ママちゅぱちゅぱしてよ。

ママちゅぱちゅぱしてよ。

[ 詳細] 2018-03-20 [pietro]

最安:604 円

DMM同人 604

淋しがり屋の少年がゴミ出しているママを追いかけまわしておっぱいしたりオ○ンコを触ったりしてるうちにスイッチが入って結果そのまま外でエ〇チをしてしまう話です。■あらすじケイタはごく普通の少年だ。性格も優しく勉強も中の中といったところだ。ただひとつ違ったのは『ママが大好きすぎる』というものだった―。『やーよこんなとこでしないんだから…』ごく普通のとある日。普通の昼下がり。ゴミの日だった―。その日ママはケイタに諭している様子だった。どうやら恥じらいを嫌がっているというそんな雰囲気の諭し方だ。『やだよママ!ちゅぱちゅぱしてよー』ケイタは猛烈に何かを要求している。ママのスカートを引っ張り上げパンツが露わになっているのだ。『また始まった…』ママは困りモード。誰かに見られたらたまらない。ママはとても恥ずかしいのだ。早くあきらめてくれないかと祈る思いでゴミを運ぶがそれも焼け石に水だ。『やんっ!ちょっと…』なんとケイタはママのパンツをずりおろしバックからチ〇ポをしだしたのだ。あまりにも急な出来事にママは体がとまる。。それもそのはず青空の下で裸にされ公然とエ〇チをしているようなものだ。しかも相手は我が子だ。そう。実はケイタはママのことが大好きだった。ママにかいつもまってほしい、いつもスキンシップをしたい、それがいつのまにかエ〇チまでに発展してしまっていたのだ。ケイタはそれがエ〇チだと理解しているかは分からないが、それをし快楽を得ることで淋しさや不満が満たされるのを知っているのである。『ここでそんなことしないわよケイタ…あんっ』一様に拒否を続けるママだが、ケイタに止める雰囲気は1ミリも見られない。むしろ勢いが増しているほどだ。『ママひとりでちゅぱちゅぱしてたの知ってるもん』『え?…ケイタもうおしまいよ…あぁンッ』ママはケイタにバレていたのだった。一瞬ドキっとした。正直なところ家事でいそがしくと溜まっていたのは事実だ。ママは完全に臆してしまった。弱みを握られた犯人のように心と体が降参しゆるんでしまった。『早くイって…誰か来ちゃうわ』ママはケイタの要求に応える覚悟を決め青空の下でフ〇ラをしだしたのである。いつ人が来るかもしれないスリリングな状況下でケイタのエロをすべて受け入れている、パ〇ズリ手コキ騎乗位正常位バックと、、やりはじめ、ママは欲求を満たすかのようにも見える、ケイタの願いをすべて聞いてあげる母のようにも見える、おそらくそのふたつは本当の姿なのだろう、『ママでちゃうよぉぉぉ!』ママとヤりたいケイタ、家事で溜まっているママ、二人が行きつく先はスキンシップを超えた野外セ〇クスだった。やがて頂点をむかえたケイタは最後にはママの膣内へたっぷりと精子を発射してしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

ワケアリな叔母さんとヤることになりました。

ワケアリな叔母さんとヤることになりました。

[ 詳細] 2018-03-12 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

雨でびしょ濡れになった少年が清楚でやさしくてちょっぴりエロい叔母さんの家で風邪を引かないよう着替えさせられることになるが、叔母さんのエロさにボ〇キしてしまい叔母さんバレてしまい、エ〇チな雰囲気になってしまい、、、結果最後までヤってしまう話です。■あらすじ『風邪引いちゃうわ…脱いで』その日とても雨が強く少年は急いで叔母の家にかけつけた。ずぶ濡れになった姿をみて叔母が言ったセリフだ。と息をきらしまだ落ち着かない様子の少年だが妙にし肩を少し上げ下向き加減の顔つきはすこししい感じか、いやどちらかというと照れているようだ。『こ…これくらい大丈夫だよ』それもそのはず、少年は完璧に叔母を女として意識しているのである。叔母はというと清楚でフレームの細いメガネが似合い巨乳での服をよく着ていて、年頃の男子にはたまらない存在天然のエロを放出するタイプの女なのだ。それは血縁とはいえたまらない女なのだ。『ああッ!ちょっと叔母さんなにやって…!』叔母はしびれを切らし少年の気持ちをよそにすぐさまズボンを降ろしたのだ。パンツもろともおろされたその目の前には若くて元気なに勃起したチ〇ポがあった。『まぁ…』と叔母。焦る少年はチ〇ポを隠しズボンを履こうとするときチ〇ポに感じたことのない人肌の温かさとザラっとした圧を感じたのだった。少年はチ〇ポの方へ目をやると衝撃が走った。なんと叔母がチ〇ポを握っているのだった。『……!!!』時間が止まったように動けない少年はまさに状況を理解するまで停止しているパソコンのようだった。続けざまに叔母はなんとフ〇ラを展開したのだ。『おばさんのパンツ見てたでしょ…』『やらしいこと考えてたの?』そう、叔母はの服に加えしゃがんだりしたりするとスカートからパンツがチラ見えするトンデモエロいおばさんなのだ。少年がずぶ濡れになった玄関の廊下を拭き掃除してる間に少年はそれをと見ていたのだ。しかし叔母にはそれがすべてバレてしまっていたのだった。'すべて'というのはそっちの方までだ。『ヤリたい。』までだ。叔母は知りつくしていた。少年が私をみて興奮してヤりたがっていることを。『あっあぁッ!お…おばさん』『はじめてなんでしょ…タっくん』少年は心臓が飛び出るほどの興奮と緊張に全身が包まれた。フ〇ラやパ〇ズリ、手コキ、騎乗位、バック、オ〇ニー姿、など、年増のテクニックと母性でリードするセ〇クスの世界観に少年はどっぷり魅了されてしまったのだ。そしてはじめて女とヤるというその好奇心が男の中にひそむオスを呼び覚まし変身したオオカミ男がごとく一心不乱に叔母のオ〇ンコめがめて少年はチ〇ポを、、、やがて、最高潮へ達し最後には精液を叔母の膣内へ大量に発射してしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

スーパーのおばさんにお願いしたらヤれた。

スーパーのおばさんにお願いしたらヤれた。

[ 詳細] 2018-03-01 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

スーパーでバイトをしている少年が同じバイト仲間の美人で巨乳のおばさんと休憩中に部屋に二人きりになった。少年はおばさんの事が気になり二人で色々と話をしているうちにエロいことへ発展しエスカレートし最後にはエ〇チをしてしまう話です。■あらすじそこはなんの変哲もない下町のよくあるスーパーだった。しかし従業員の休憩部屋ではそれは少し違っていた。少年とおばさんの二人がいた。少年はテスト勉強をし、おばさんはスマホで買い物中だ。無言で静かな空間だ。お互いが和気と話をし明るい現場という感じではない。二人はこのスーパーでバイトをしているいわゆるバイト仲間というやつだが休憩中というのはいたってリアルだ。お互い自分のやりたいことをやってリラックスしているのだ。そう二人は仲がよく無言の時間が長くてもそれほど気にはしない間柄なのだ。『また私のおっぱいみてる?』少年はドキッとした。時が止まる瞬間というやつだ。少年はおばさんへ目をやりまたノートへ目をもどす、そしてまたおばさんへ目をやる、、、なんでだろうというリアクションだ。そしてそれは急な質問へのドキッではなかったのだ。少年は自分がしていたのがバレてしまったことにドキっとしたのだ。オトナの女の勘か、男の下心を一発で見抜かれてしまった少年は顔が赤らみ背は丸まる、、それもそのはず、おばさんとは美人で巨乳でなんといってもとてつもなくエロいそんなオーラをまとったヤベーおばさんなのだ。それが2メートル先にいるのだ。実のところテスト勉強なんてにまったく頭に入って来なかったのである。『え…』『…集中できないよおばさん』と少年はペンを置きおばさんへ甘えるようにハグをする。おっぱいの谷間へむぎゅっと顔面を押し付け深呼吸だ。『やん…ちょっと…もう時間ないよ』そうこのハグこそがエロいやつをする合図だったのだ。『ヤらせてよ…』『…もう…レンくんったら』少年はおばさんのエプロンをまくりあげスカートをまくりあげ突如ク〇ニをし出した。『あっああんッ…』イヤがっているおばさんだがカラダは反応し声を押し殺し悶えている。なんだかんだで少年のエロってくる行動を受け入れている。その理由はシンプルだ。おばさんは欲求不満なのだ。夫とのセックスレスだ。普段からそんなそぶりを見せていないがおばさんも女。少年にエロいことをされたらスイッチが入ってしまうのだ。少年はチ〇ポをしゃぶれと言う、、おっぱいにチ〇ポを挟めと言う、、『レンくん…エッチなんだから…』と、否定的な声を発するおばさんだが、少年の要求に母性と発情のエロスで対応してくるのだ、まさにオトナの女のセ〇クスだ。そしておばさんは、フ〇ラパ〇ズリ正常位バック騎乗位とと少年のチ〇ポを刺激していく。やがてそのおばさんのエロい世界観にのまれた少年はオスの本能が目覚め、おばさんのした熟れたマ〇コにたっぷりと中出しをしてしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

夫の借金で仕方なくヤりました。

夫の借金で仕方なくヤりました。

[ 詳細] 2018-02-20 [pietro]

最安:604 円

DMM同人 604

とある清楚で美人で巨乳の人妻は夫の借金で苦しんでいた。ある日取り立て屋のブ男にセ〇クスを条件に返済を持ちかけられるが苦渋の決断で口だけという約束だったが結局最後までヤってしまう話です。■あらすじそこに現われたのはいつもの借金を取り立てに来るデブでメガネのブ男だ。ハゲというのも付け加えておこう。リビング。テーブルをはさんで人妻とブ男が向かい合っている。空気と時間が止まっているような感じだ。『…それは』タンクトップ一枚で不潔全開のそのブ男は人妻を向かいに借金の返済を強いているが、ある条件を出している。それは風俗で働いて500万を稼ぐ案だ。人妻は自分の膝を見下ろし小さい声を発した。まるでダンゴムシが背中を丸めて固まるように。それもそのはず夫は行方不明、自分は専業主婦で500万を工面する方法なんてひとつもない…。『もう呼びますよここに』ソッチ系の業者に今かと今かと電話をかけるブ男は女イジめのように責めている。それでも膝を見下ろしどうにもできない人妻だ。そんなときとんでもない条件が出てきた。『奥さん、私に一発ヤらせてくれたら10万でどうですか?ウヒヒ』『…え!?』その瞬間じっと考える人妻だった。これしか方法がないのは十分理解しているが、じっと躊躇しているのはヤりたくないヤりたくない、、、である。『ほ…本当に10万…ですか?』でもこれしか方法がない、と自分ではYESと言い出せない答えが頭の中を駆け回っていた。その誘惑にしか選択の余地がないほど精神はヤられていたのだった。『やんっ!』『もちろんですよ奥さんボクはウソはつきません』とブ男は突如後ろから人妻の巨乳を揉みしだいたのだった。人妻は何をされたのか分からなかった。他の男に犯されそうにになる瞬間を冷静に考えようとしたが、、『はい交渉成立!』『やぁん!』いきなりスカートを降ろされパンツは脱がされブ男は人妻のマ〇コめがけてク〇ニをしだしたのだ。考えさせる間もなく突然の襲い掛かりだ。『さっ最後まではイヤです…!』と何とか抵抗するも人妻は、ブ男のクサイチ〇ポを握り震える手で口元へもっていきの〇ラを展開するのだった。『ウヒヒ!奥さんうまいですねぇたまんないよぉ』口だけなら5万というブ男の条件だがそんなものはもう効果がない。一度体をあずけてしまった人妻はブ男のセ〇クスのおもちゃにされる。パ〇ズリ、バック、騎乗位、手コキ…あらゆるバリエーションを試されオカされ、人妻は心の中で夫へ何度も謝りながらも最後にはブ男のクサイ精子を膣内で受け止める―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

友人のママの誘惑がハンパないのでヤった。

友人のママの誘惑がハンパないのでヤった。

[ 詳細] 2018-02-12 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

友達の家に遊びに行った少年が偶然にも友達のママのオ○ニー現場を見てしまい、そこから突如、急展開でエ〇チなことに発展し結果最後までヤってしまう話です。■あらすじ『今日もイケメンネハルトくん』とニコやかに挨拶をするのはハルトの友人のママだった。宅配が来てると部屋に入ってきて伝えに来たのだ。『あ…いえ』『今度、芸能事務所にハルトくんのこと応募しちゃっていいかしら?』と冗談めいた問いかけにもうまく返せずしているのはハルトである。『わりぃな、ババぁハルトのファンなんだよ』友人のコウタは母親がハルトのことを好きでいるのを知っていてそれが絶対的に気持ち悪いのを存分に感じており、思春期ど真ん中の男子にとってそれもそのはずだ、謝罪したくなるのもうなずける。『ああ…』ハルトははっきりとした返事をしないのには理由があった。なぜなら、コウタのママは美人で巨乳でエロいのだ。来ている服もでおっぱいやケツがはち切れんばかりだ。わざとか?と思わせるほどだ。ハルトは当然ながらこの家に遊びに来ると何とも言い難いの感情に見舞われる。体がと半無重力になるのだ。それはエロい友人のママに会えるからだ。『ちょっとトイレ借りていい?』『あーいいよ、オレも寝るわ、ガチャ出ねぇしダリぃ』さらにはママに気に入られていて悪い気なんて1ミリもない。コウタが謝るなんてとんでもないとんでもないといったところだ。でもそれを言えるわけがない。だから切れの悪い返しなのだ。ウーン一階の廊下にあるドアの向こう側から妙な音がする、、気になったハルトはそのドアの隙間から興味本位で覗いてみたのだった。『あんっ…あっ…あんっ…!』なんと、コウタのママはバイブでオ○ニーをしている最中だったのだ。ここから怒涛のエロい展開になることはハルトは知らないそんなとき、偶然ハルトのスマホから着信の音が激しく鳴ってしまったのだ焦るハルトだが時すでに遅し『誰?…ハルトくん…?』『あっ…すみませんあのっととっトイレ行ってきます』覗きがバレたハルトは、その場を切り抜けようとするも、、『待って…来て…』全身が固まるハルトはコウタのママのエロくやさしい言葉に部屋の方へ足が進む、まさに降伏した兵士のようにママの元へ向かうのだった。『オ○ンチン起ってる…』『やらしいこと考えてたの…?』『み…見ててないです何も…』『あああッ!おばさん!』突如、ハルトのコカンを握りさすり始めたママはハルトが自分にも気があるのを当然悟っていたのだ。ハルトだってまんざらでもなかった。コウタは寝ている、、興奮が最高潮だ、、コウタのママがエロってきてる、、次の瞬間ハルトは赤く勃起した鬼頭にママのフ〇ラが炸裂したのを感じた、、、ハルトは好奇心と興奮の爆発に身を任せコウタのママのエロい誘導に躊躇なく突き進み獣のようにハメまくっていき興奮の頂点に達したママはコウタの膣内発射を受け入れてしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

ママは優しくてエッチなことも聞いてくれます。

ママは優しくてエッチなことも聞いてくれます。

[ 詳細] 2018-01-29 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

ママのことが大好きなおマセな少年がスキンシップを図ろうとエ〇チなことを要求するが、ママもそれに応えてくうちに発情してしまい結果最後までヤってしまう話です。■あらすじなにやら慌ててママのところへ駆け込む少年がいた。ママはリビングにいた。少年はコカンに手を当て顔を赤らめいささか興奮ぎみといった様子だ。『ママお願いだよちょっとだけ…』と声をかける少年。しかしうって変わってその声に逆らうかのようにと言わんばかりに無言の背中を落とすママがいた。『いつまでこんなこと卒業するのよ』と言葉を返すママだが、すでに少年のコカンを優しくさすっているのだ。これは二人だけの特別なスキンシップなのだ。いや二人にとってそれは特別ではなくいつもの日常である。ママもヒマではないという様子はずっと続いてるが左手にはスマホ。右手には少年のチ〇ポだ。そう、つぎの瞬間には手コキなのだ『ああッママ気持ちいいよぉ…!!』『アンタって子はほんとエ〇チなんだから…』ママだって子○の要求にはできるだけ応えてあげたい。そして早く終わりたいというジレンマに挟まれているのだ。それがこの両手のギャップを作り出しているのである。『はい…好きにしたら?』ママは服を脱ぎ自分のカラダを差し出していた。フローリングに横たわり引き続きスマホでネットショッピングだ。準備オッケーいつでもヤってねの態勢だ。少年はママの熟れた女体に興奮が最高潮に達し、1週間エサにありつけてない小ジカに飛びつくチーターのごとくママのおっぱいにむしゃぶりついた。いや無抵抗のメスに襲い掛かるオスそのものだ。しかしこれもまた二人にとって日常、、、少年はママのマ〇コへむしゃぶりつきママはフ〇ラパ〇ズリと少年のチ〇ポを責めていたのだ。母親として応えなければいけないというのは建前かもしれない、ママも女である、おっぱいやマ〇コを責められて発情のスイッチはONどうしても入ってしまうのである。『ああンッツ!中はダメよ…!』『ママっ!ママっ!出ちゃうよー!』昇天しそうな二人の声はリビングに大きくこだまし二人はケモノのようにチ〇ポマ〇コを繰り返し最終的にママは中だしを許してしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

奥さんエロいから寝取らせて。

奥さんエロいから寝取らせて。

[ 詳細] 2018-01-23 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

キモデブ男が弟の美人で巨乳の奥さんを狙っていて、自宅に立ち寄った際に我慢できず襲ってしまうもセックスレスだった奥さんは体が反応していまい最終的に色々あって最後までヤってしまう話です。■あらすじとある昼下がりのこと―。義理の兄の訪問を受け奥さんは兄をリビングへ通し夫が帰ってくるまでくつろいでいてとお願いしていた。『では…お言葉に甘えて』と言ったのは兄。しかし彼はなんだか落ち着かない様子だ。。。それもそのはず、兄はその奥さんのことを狙っているのだ。以前よりずっとそう思っていたのだった。女として一発にヤりたいと、、そう願っているのだ。そして奥さん、美人で巨乳でバグツンにエロい。誰もが羨む容姿だ。うって変わって兄はデブハゲブサイクのスペック。女に縁のないブ男にとって美人の女が身近にいることは日々とし気になって気になってしかたがないのである。そしてブ男は今日こそは迫ってやると意気込んでいた。そして絶対的に確信があったのである。なぜなら奥さんは長い間セックスレスであるからだ。弟から耳にしたことがあるのだ。『ちょっとなんですか!?お義兄さん…』『ハグしていい?』『ちょっと…やめてください!!』『知ってるよセックスレスなんでしょマキさん』『ぃやんッ…』ブ男は罪を覚悟で奥さんのおっぱいを揉みしだきマ〇コをまさぐったのである。いやガマンの爆発が理性のカベを破壊したのだ。しかし奥さんの口から出た声は意外にも性感を刺激された声そのものだった。イヤがる脳とは別の反応である。何年もヤっていない女の体は正直だ。喘ぎ声となって返って来たのである。『ほらフ〇ラして』ブ男は攻めた。オスのスイッチが入ったのだ。それに共鳴するかのように久々に男にヤられる刺激に抵抗できずその臭く汚いチ〇ポを口に含み奥さんはジュボジュボとしゃぶりはじめた。スイッチON。これをきっかけに二人は発情した動物のようにチ〇ポやマ〇コを繰り返しブ男はおかまいなしに奥さんの膣のなかへ大量の精子を注ぎ込む―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

叔母さんとナイショでズボズボしちゃった日。

叔母さんとナイショでズボズボしちゃった日。

[ 詳細] 2018-01-15 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

ある少年がすごく美人で巨乳のエロい叔母に好きだと言い寄ってヤろうするがながらも叔母はやさしく少年のエロに応えていくうちに結果最後までヤってしまう話です。■あらすじ『久々ね…タっくん』『かくれんぼしよっか?』『い…いいよ、ガ○じゃねぇし…』そこはなんの変哲もない一般の家、一般家庭のリビングだ。しーんとした空気のなかに少年と年増の女の会話である。かくれんぼの誘いをした年増の女とは肌が白く美人で巨乳でとてつもなくエロいオーラを漂わせている人妻なのだが少年にとって血縁の叔母だ。少年は以前からずっと叔母のことが好きだ。もちろん女としてだ。『おばさん…パンツ見えてるよ…』『…!!ヤダもー』床掃除をしていた叔母のよつんばいからスカートがめくりあがり落ち着いた純白色のパンツが少年の目に飛び込んで来た。少年にとっては思い切っての発言だが彼はそれを言うきっかけがあったのは以前に叔母のオ○ニーを目撃していることにあった。叔母とも目が合い互いにそれを知っている。『タっくん年頃だもんね…』恥じらいを見せる叔母だが体をくゆらせスカートを上げているその様子はメスがケツを振ってチ〇ポを欲している発情のそれと同じだ。男の興奮に直撃する。『おばさん…好きなんだ!』『おっぱい見せてよ』『…!やーよ』『本気で言ってるの…?』叔母は少年の心が分かったかのようにゆっくりとニットをめくりあげ白く豊かなオッパイを露わにした。恥じらいとエロい空気につつまれた叔母は少年の目を見ることができずただ床を見つめヘビに睨まれたカエルのようにじっとしている。それは降参の合図にも似た光景であった。『…ぜ…全部脱いでよ』『…フ〇ラして』少年はエロの妄想を叔母にぶつけた。これから初めてエ〇チをするという未知への体験と目の当たりにする女の裸から興奮が爆発している。少年の心臓の鼓動がスピーカーの重低音と言えるくらいリビングを響かせている中、叔母はゆっくりと少年のズボンを降ろしに起ってはいるがまだ赤くウブなチ〇ポを握りやさしく手コキからはじめる。ビクっと体の反射をおさえる少年、恥じらいと母性で包むオトナのセ〇クスを展開する叔母…少年は体験したことのないフ〇ラやパ〇ズリを、、そしてマ〇コ挿入を、、二人はケモノのようにハメまくり最後には叔母は少年の中だしを許してしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

隣りの人妻はゴムなしOKだった。

隣りの人妻はゴムなしOKだった。

[ 詳細] 2018-01-08 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

とある少年が隣りに越してきた美人で巨乳の人妻の家でゴキブリ退治をしてあげたらお礼に何かくれるはずだったがふとエッチな展開になり結果に最後までヤってしまう話です。■あらすじ多感期を迎えている少年にとって刺激とは『エロ』意外なにもない。そこはアパート。そこに刺激が発生したのは今から一週間前になる。まずは美人、そして巨乳、なんだかエロい。そんな女が隣に越してきたのだ。少年にとってそれは鮮明に焼き付き四六時中頭の中を覆っている。『今日もありがとう助かったわ』『何かお礼したわ…何がいい?』しかしそんな人妻とはすでに何度か接している。ゴキブリが死ぬほど苦手らしく少年の家に駆けこんでくることがあり少年は人妻のキッチンへ退治をしていたのだ。『きゃっ!』『あ…』『あら…ごめんなさい』再びゴキブリが出現しびっくりしてふたりは後ろへ共倒れし人妻が少年を覆いかぶさった。少年は息ができない。人妻の巨乳が顔面を重く抑えている状態にあった。ラッキーだ。これがずっと続けばいいと思うところだが酸素吸入は無視できない。少年はぷはっと巨乳を顔でふりはらった。その瞬間人妻から吐息が漏れた。『あんッ…』『あッ!あのすいません、も…もう帰ります』即座に少年が謝ったのは、大きく勃起したチ〇ポが人妻のコカンへぐにっとめり込んでいたのだった。それに謝ったのだ。『フフ…やらしいこと考えてたの?』『いや…あの…その』『前々から私のこと見てたでしょ…』『ああッ!』人妻は少年がなにを考えているか?ナニをしたがっているか?男の経験をしている女にそれを当てるのは容易だ。人妻はズボンの上から勃起した少年のチ〇ポを握りさすりこう言った。『私としてみたい…?』このとき少年はすべてが分かった。この質問に答えることで初めて女とヤれる道にいけることを。もちろん回答は『はい』だ。『あああッおばさん!』速攻でベルトを外しパンツを降ろされ人妻のフ〇ラ開始である。そしてパ〇ズリ、ベロキス、ク〇ニ正常位、騎乗位、バックとヤリまくった。それは二人の恋心か、それともただの性処理か、人妻は少年のチ〇ポと熱い精子を膣内で受け止める―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

パン屋のママの『お客さんにバレちゃうわ』

パン屋のママの『お客さんにバレちゃうわ』

[ 詳細] 2017-12-25 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

パン屋を営むママがオマせでエロい少年コウタのエ〇チな要求に応え、カウンターごしから客に見つかりそうになりながらも最終的には中だしを許してしまう親子の異形日常のお話です。■あらすじ下町。そこはありふれた商店街のありふれたパン屋。だがそこにいる親子の関係はありふれたものではなかった。『いらっしやいませー』『カレーパン焼きたてですよ!』と店内の客に明るく元気に声をかけるのはパン屋を営むママであるしかし、その声にはどこか震えるような何かをこらえるようなのどを強く絞った声にも聞こえる。『ママー…ヘヘヘ』『もういいでしょ…恥ずかしいんだから』後ろを振り向き少年『コウタ』にと話込むママであったが、なんとママは下半身が丸裸になっていたのだ。それはまだ驚く範囲ではないさらにはオ○ンコにバイブをと突っ込んでオ○ニーをしているのだ。カウンター裏で絶対にあり得ない事をしているママであるが、もっと驚くべきはコウタだ。ママのその部位を鑑賞し自分の赤く勃起したチ〇ポをとオナっているのだ。客との距離は1~2メートル。バレていない。これがこの二人の日常なのである。ママラブなコウタは翌日にもなるととカウンターの裏へやって来、、『ねぇママ…起っちゃた…』『…え?今?お客さんいっぱいよバレちゃうわ…』『!!』『死んじゃう!!死んじゃう!!』泣きじゃくるコウタに手を焼くママは同情も含め自らコウタのチ〇ポをやさしく握りさっと口に含み即フ〇ラ一発で発射するのだ、次にさっと客の目を盗み服を脱ぎパ〇ズリ、さらにはスカートをたくり上げパンツを下ろしカウンターに両手をつきケツをコウタに差し出しバックからのに応える、コウタは性欲の限りをママのマ〇コへする。『んっあっ…そちらは売り切れてますがこっちならまだ残ってますよ…あンっああッ!』さすがはママ。こんな状況下でも難なく客の対応をしている。そしてバレるかばれないかスリルの中、最終的にママはコウタの精子をそのマ〇コで受け入れる―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

奥さん体で払ってもらいますよ。

奥さん体で払ってもらいますよ。

[ 詳細] 2017-12-18 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

夫の借金を負った巨乳で美人の人妻が愛人を条件に借金を帳消しにしてやると言い寄って来たハゲでデブのブ男上司にヤられまくる話です。■あらすじ昼下がりのリビング―。四角い木製の薄茶色の一般庶民的なダイニングテーブルを対角線に向かい合う二人の姿があった。それはとても神妙な様子かいや緊張が走っているというほうが近いかもしれないそんな空気が間に漂っている。一方は、若く巨乳で美人の人妻―。一方は、50代のブ男一人。『奥さんボクは以前から奥さんのことが好きでねぇ』『ボクの愛人になりませんか?』『そ…それは…』『やんッ…なにするんですか…!?』なんと、人妻には夫が会社で多額の借金を負っているのを知り以前からその上司から家を訪問され返済をせまられていたのだった。そしてこの日はそのブ男上司による大胆な問い詰めがあったのだ。『愛人』という条件での借金帳消しであった。人妻はその言葉ひとつですべてを理解しこれから自分が何をするのかすべてを悟った。ハゲあがった頭部、眉のほうまで吊り上がるような鼻、芋虫を二つ重ねたような唇、顕微鏡のごとくズームアップされるメガネ、浅黒く毛深く毛穴の大きいとした汗ばみ脂めいた顔面の皮膚、ブ男MAXの上司の容姿である。人妻はひたすらに行方知れずになった夫をいつか帰ってくると願い触られたくもない顔も近づけたくない鼻が曲がるような悪臭のチ〇ポをくわえ、次いでは股を広げ熟れたマ〇コにとブ男のチ〇ポを許し、ついにはブ男に濃厚な精子を膣内に発射される―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

料理中のママはエッチ。

料理中のママはエッチ。

[ 詳細] 2017-12-11 [pietro]

最安:604 円

DMM同人 604

少年ケンタはママが大好き。ママの料理中や家事をしている姿に絶対興奮してしまう。そしてエ〇チな要求を強引にしているうちに根負けしたママは中だしを許してしまう話です。■あらすじシャワーの音が鳴り響くバスルーム。その音に紛れてドアの隙間からママを覗く少年はケンタ。理由はパンチラだ。ママが浴槽を洗うそのポーズは動物の四つん這いそのものでありピッチリと豊満な柔らかいお尻はスカートがめくれパンツが露わになっているのだ。まさに年頃である。そのポーズに興奮しケンタの股間はに勃起しているのだった。『ママいいでしょ…』『待って今は無理よ』『ママー!』『ヤダっちょっとやめなさいッ!』我慢限界ヨロシクのケンタは四つん這いのママの真後ろからすぐさま忍び寄り露わになったパンツを一直線に床下へズラしたのだ。突如の出来事に叱るママだがそこまでの怒りはない、それもそのはず、これは毎日のことでありケンタを本気で制している言葉ではない。『やんっ…』いきなりク〇ニをはじめるケンタだがママはご飯の用意を理由にその場を去るもケンタは逃がさない。キッチンまで執拗にエロを追い求めるケンタのその熱量にママは呆れ、サラダをつくりながらイスへ座り足を広げるのだった。『好きに挿入れなさい、ママ料理するから…』料理しながらエ〇チなどというムードもクソもない状態を提示されながらもケンタは動じず、まっすぐに喜びを全身で表しその赤く紅潮したのチ〇ポをママのマ〇コへ容赦なく挿入するのだった。やがて絶頂をむかえたケンタはママの膣内へうっかり射精してしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

となりの人妻はボクの言いなり。

となりの人妻はボクの言いなり。

[ 詳細] 2017-12-04 [pietro]

最安:604 円

DMM同人 604

となりに越してきた人妻の不倫現場を見てしまった少年が、そのネタをゆすって人妻にエ〇チを強要し最終的に中だししてしまう話です。■あらすじその日少年は緊張していた。そこはアパートの廊下だ。手が震えまくっている。階段まで歩く距離は30メートルほどだがその間に隔たっているのは2週間ほど前に隣に越してきたキレイですこしエロい人妻だ。多感な少年にとってそれは単純に気になって気になってっしょうがない存在。つまり、ヤリてぇオンナ、である。手が震えているのはこの人妻が意中の人だからではない少年はあるプランを実行すると決めたからである。『どうもこんにちわ』『あうも』『なぁに?おばさんの顔になにかついてる?』そのプランとは『この人妻とヤること』である。しかし少年には勝算があった。先日、少年は偶然にもこの人妻の不倫現場に出くわしその様子をキッチリ動画におさめたのだった。これをネットにバラすとおどしセ〇クスを条件にすればイケるという大胆なプランだった。この日それを決行すると決め込んだのだった。『いや…べつに…』『あっ…ていうかおばさん不倫…よくないよ』『え…?』『ほら動画撮ったしネットにバラされたくなかったら…ヤらせてよ』人妻はすべてが固まったが、そこにはすべてを悟った様子だった。少年はただヤリたいだけだと、、『なにが…したいの?』『…全部』人妻は覚悟を決めた面持ちで少年を部屋に呼び入れる。その背中は罪と罰を受け入れる憂いのオーラを放っていた。『やん…』『おばさんオ○ンコびしょ濡れじゃん!』部屋に入るやいなや少年は人妻へ襲い掛かった。それは深手を負った抵抗もなくただ猛獣に食い殺されるだけのバッファローとでも言おうかすべてを受け入れた一匹のメスであった。チ〇コマ〇コと簡単にハメまくられる人妻は無抵抗の中にも快楽に反応し少年の大量の精子を膣内ですべて受け止める―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

初体験はオヤジの再婚相手でした。

初体験はオヤジの再婚相手でした。

[ 詳細] 2017-11-27 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

思春期まっただ中の少年カイトが毎日オ○ニーしているところを美人でエロい父親の再婚相手にバレてしまい突如母親として性処理を手伝うことになるも結局最後までやってしまう話です。■あらすじ『カイトくーんいい?』と少年カイトの部屋に入ってくるその声の主は先週、家に来た父親の再婚相手『レナ』である。夏休み中のカイトは日課のように日々オ○ニーをしているのはこのレナである。美人、巨乳、絶妙にエロい。。これが思春期ど真ん中の少年に直撃したのである。そんな女が家の中をウロついてるとなるとご想像通り健全な野郎ならいてもたってもいられない。そしてカイトは幸運にもレナのオ○ニーシーンを見てしまい見事に動画に収めたのである。それが日課を助けるオカズである。『すっすいません洗います!!』『いいの確認したいだけだから…』夢精でパンツが汚れたのを聞きに部屋まで入ってきた訳がこれであるがカイトは顔を赤らめ恥ずかしさのあまり体が固まってしまった。そこへレナは、服を脱ぎこう声を発した。『年頃ねカイトくん…言ってくれればいいのに私ママよ』と、カイトのコカンに手をあて優しく揉みしだいているのだ。とんでもない行動にカイトはさらに体がこわばってしまうがそのエロさの前に何もできずカイトは身をゆだねてしまうのである。『ああッ!レナさんあそれはッ…ッ!』に勃起したチ〇ポをしゃぶり出したレナはいたって冷静にセ〇クスをはじめ…その理由は父親とのセックスレスが原因だったと知るカイトは複雑な感情に心を乱されながらもはじめてのセ〇クスの世界とチ〇ポに走る快感に負けレナの誘導に従いまくったのである。『あっもうダメレナさん出そう!』『…中はダメよ…ああンッツ!』カイトは我慢の頂点に達しレナのじゅくじゅくに熟れたマ〇コの中に童貞の熱い精子をぶちまける―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

農家のママはエッチなことがスキ。

農家のママはエッチなことがスキ。

[ 詳細] 2017-11-20 [pietro]

最安:604 円

DMM同人 604

ちょっぴりおマセなムスコ『ユウタ』がママとスキンシップがしたくなり、仕事中にもかかわらずおっぱいをさわったりズボンずらしたりして怒られるけどなんだかんだで結局最後までヤってしまう話です。■あらすじそこは山々に囲まれ空と空気がキレイな場所にある家、いわゆる郊外の自然の田舎というにふさわしい場所だ。その庭でせっせとカボチャを搬入している姿の人妻がいた。『ママぁアレしよーよぉ』その人妻へ声をかける主はムスコのユウタである。駆け足で近づき欲求が露わになったその様子は焦りと言おうかとても強い意志があった。『また?』『ダメよママ仕事中なんだから』『やだもん!』『ちょっとユウタ!なにするの』ユウタは突如ママのズボンを下したのだった。そう、ユウタの欲求とは少し屈折したママへのスキンシップ開始である。『ダメだったら…分かるでしょ?』ユウタはママが好きだ。スタートが切られた馬にこの衝動は止められるはずもない。ユウタはママとエ〇チなことがしたいのだ。『もう…』ママは何かを察したようにやさしくユウタのチ〇ポをそのエロい巨乳で挟み性感を刺激しはじめた。言ったら聞かないムスコを知り、苦しみさえ感じるようなユウタの表情と震えた体に同情が走ったのであろう『思いやりパ〇ズリ』を展開したのである。『ママ…オ○ニーみたい』『やだ…恥ずかしいわ』『そんなことしたらママスイッチ入っちゃうの知ってるでしょ』『ヘヘ…』やむなし、ママは『だいこん』を手に取りユウタの言うことを叶えて見せた。自然豊かな庭で、だいこんが挿入されるママのじゅくじゅくのエロいマ〇コやその醜態に興奮の絶頂をむかえたユウタは、縁側でにママとチ〇コマ〇コを繰り返す。やがてママも発情してしまいユウタは存分にママの膣内へ発射する―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

友達のママに筆おろしされちゃった。

友達のママに筆おろしされちゃった。

[ 詳細] 2017-11-13 [pietro]

最安:604 円

DMM同人 604

友人宅へ遊びに行っていた少年がうっかりジュースをこぼしてしまい美人での友人のママが体を拭いてあげているうちに興奮してしまったのがバレてしまい結果、最後までエ〇チしてしまう話です。■あらすじ少年シュウには淡い恋心にもにたような会いたい人がいた。―友人の母親である。いけないコトではあるが、年上の女性が気になるという真理に思春期まっただ中の彼を責めるにはあまりにも可哀相だ。シュウはその人へ会いに今日も友人宅へと軽快に足を運ぶ。『強ぇっ!なにコレ』男の嗜好など若いうちは決まってテレビゲームである。いや若くなくてもそれは一般の嗜好か、シュウは画面を直視したまま友人へ言葉を投げかける『おかわりなら遠慮なく言ってね』そこへ現われたのが友人のママである。お盆をかかえジュースをふるまい愛想よく二人に声をかけるのである。顔を赤らめ少し緊張の面持ちで挨拶を返すシュウだが肘が上ずってしまいうっかりジュースをこぼしてしまったのだ。ごめんなさいとすばやく洗面所へ向かうも『まぁこんなにこぼしちゃったのね』と突如、友人のママがタオルを手にアソコををふき取るのだった。びっくりするシュウだが拒否ともなんとも言えない言葉にもならないただたじろぐだけの態勢をとるしか彼に選択肢はなかったが絶妙な圧力と摩擦が繰り返される股間についに勃起してしまったのだ。『まぁ』『ごごご…ごめんなさい!あの…その…』『シュウくんさおばさんのおっぱい見てたでしょ?』『え…?』『悪い子ね』『あッ!ちょっとおばさんっ!!』友人のママは一連の流れるような手つきで少年のチ〇ポを支え優しく口の中へ包み込んだのであった。『即フ〇ラ』である。少年は脳天を撃ち抜かれた。初めて感じる気持ちよさに興奮が爆発寸前だった。『もっとやりたい』少年はそう思った。なんと友人のママはシュウが昔から自分に思いを寄せているのは初めから知っていたのだった。それを知ってのこの即フ〇ラである。そして、シュウは興奮が爆発してしまった。しかしその爆発を制するかのように友人のママにオッパイ、マ〇コ、とやさしく誘導されセ〇クスの手ほどきを受けていく―。基本25p、差分総数50p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

エロ人妻にコクられたのでそのままヤった。

エロ人妻にコクられたのでそのままヤった。

[ 詳細] 2017-10-30 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

ブサイクデブ童貞のモテない男が美人で巨乳のカワイイ人妻に突然言い寄られる。ブ男は疑心暗鬼になりながらも付き合いを重ねていき最後には自宅デートで筆おろしされてしまう純愛系の話です。■あらすじ彼は'ブサイク'の4文字で言い表すだけで十分な容姿だった。『斎藤タケオ』。22歳フリーター童貞。彼女など年齢と同じ期間いない。そんな彼が今、街の中で放心状態の世界と現実の世界をうろつきの状態になっているのは、『好きだから連絡先を教えてほしい』と美人でカワイイ女の人に告白をされたからである。自分が女性に告白をされるなど、あり得ないことだし女性と会話することさえままならない中、'美人でカワイイ'という最強のカードが彼を放心状態の世界へ追いやってるのは言うまでもない。しかし斎藤はそそくさと背中を向けその場を去った。気が付いたら自宅―。斎藤は自慰行為に夢中だった。オカズはもちろん今日告白を受けたカノジョだ。あれから美人局の詐欺かもしれないという不安が斎藤の頭を支配しているところにコンクリートのいたるところにある些細なスキマから顔を出す雑草のようにカノジョの姿が反乱を起こしているのだ。斎藤はスマホを手に'メール送信'の5ミリ上に親指を浮かせていた。斎藤は別れ際に言ったカノジョのトークIDを覚えおりそのトークIDを打ち込み告白を断った態度の謝罪をしようと連絡をここ見ようとしていたのだ。いやもう送信してしまった。『こちらこそ驚かせてしまってごめんなさい』『今何されていますか?』『私は家で映画をみてます!』すぐに返ってきたその言葉を期に斎藤はカノジョへ急接近することとなった。あれこれとやりとりをしている中自宅でのデートが決定した。なんと斎藤は突如キスをされる。ウソのようだがカノジョは斎藤の容姿がど真ん中のタイプだというのだ。体が固まるも心臓が熱く鼓動する自分を自覚していた。でもどうしていいか分からないところへ、『ほかにしてほしいことある…?』とカノジョの問いが部屋にこだまし、斎藤はその言葉にオスの本能が芽生えし、カノジョにエロの妄想すべてを要求する―。基本33p、差分総数66p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

スマホに夢中のママはエッチOKでした。

スマホに夢中のママはエッチOKでした。

[ 詳細] 2017-10-23 [pietro]

最安:604 円

DMM同人 604

ママのことがちょっぴり好きな少年がエッチに興味を持ち質問を繰り返してるうちに最後までヤってしまうお話です。■あらすじ夕方に入ろうかという昼―。ありふれた一軒家のなかに少しだけ色っぽい対話が聞こえる。『ママもチュウチュウするの?』母へ疑問を投げかける少年は緊張の様子だった。男と女がセックスすることをチュウチュウと分かってのことだ、その認識が緊張を生んでいる。しかし母親は無視。なんの返答もない。スマホに夢中である。『ケイタもやりたいの?』それは5回も同じ質問を繰り返してやっとの返事であった。少年の緊張も解けた矢先の突然の言葉だった。体が固まってしまった。その言葉の意味は言うまでもなく理解しておりどう返事すべきか考え、悩み、少年は顔を赤らめながら好奇心が勝つ言葉を発するのである。『ん』無返答の時間が永遠のように感じたが、『アンタも年頃だもんね見てみる?『オ○ンコ』『…え…ちょっとママ…!!』『舐めてもいいのよ』と、ド直球の展開へ発展する。スマホに片手にスカートをめくり、パンツをめくり、その状況で披露するはずのない場違いなオ○ンコを露わにさせたのである。しかしスマホに夢中の母はしっかりと少年の思いを察しているのである。子の勇気を試す‘本試合'を提供したのである。『…ママ』少年はとエサを狙うライオンのように股に顔を近づけ真剣なまなざしと好奇心の興奮が織り交ざったような、そのツラはまさに発情したオスそのものだ。少年は母のマ〇コへしゃぶりついた、やがてフ〇ラパ〇ズリ、膣内挿入へとスマホ片手に少年のチ〇ポを誘導し最後には少年の熱い精液をそのマ〇コで受け止める―。基本25p、差分総数50p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

小説おばさんにオカされる。

小説おばさんにオカされる。

[ 詳細] 2017-10-16 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

少年が見知らぬ美人おばさんと共通の小説をキッカケに仲良くなり思春期の少年はおばさんを女として意識してしまい最終的にセ〇クスをしてしまう話です。■あらすじ息を切らし本棚をみつめる少年がいた。彼の目はとしまさに期待に胸いっぱいの目、図書館にはにつかわしくない初々しいオーラをひとり放っていた。それもそのはず、本棚に並んでいるのは少年の大好きな小説であり今日入荷されたのだ。を抑えきれない少年はその手を最短距離の軌道で本へ差し伸べるがあと3センチでゴールという距離でふと小指あたりに感触が走った。『ごめんなさい』少年は即座に声のする方へ顔を向けた。そこには少し歳の離れた女性、もしくは人妻のような、いや美人のおばさんと言うにふさわしい女性が立っていた。『す…すいません』1秒ほどの時間だが完全に時間停止という長い空間が二人を包んでいた。そしてそれを解く最初の声が少年の方へ発せられた。『ボク…この小説好きなの?珍しいわね』『あ…はい』ずばりこの小説はマイナー作品である。世間に広く知られていない。電撃に打たれたように二人はこの作者の作品を語った。あれもこれも、いいとこ悪いとこ、好きなとこ、この小説を期に二人はありえないほど急速に距離を縮める。その日のうちにだ。『よかったら…おばさんと本読みしない…?』この言葉をきっかけに二人は男女の世界へと突入する、いや美人おばさんのマ〇コへ少年の赤く紅潮したチ〇コが突入していく―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

隣の奥さんをハメてみました。

隣の奥さんをハメてみました。

[ 詳細] 2017-10-09 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

元鍼灸師のブ男『山田』は隣に越してきたでエロいに人妻に『発情のツボ』を押し自分の思いのままにセックスしまくる、そんなお話です。■あらすじ『どうもよろしくお願いします』愛想のいい顔とあいさつを交わすその相手は隣に越してきた二十台半ばの人妻だ。美人で巨乳。激タイプ。山田は一瞬でその人妻をわがモノにしようと決めた。つまりセックスの道具だ。山田はそのナリから女などできるはずもなくスマホ片手にチ〇ポをシゴく毎日。そんなときに飛び切りのエモノがやってきたのだった。『こちらこそよろしくお願いします』と快く返す山田の脳裏には、後ろを振り向いた時にヤってリビングまで運ぼうかというプランでいっぱいだ。『あら…なんだか体が熱いわ…』すかさず背中、左肩甲骨の下にある『発情のツボ』を押し見事にする人妻ができあがった。『ちょっと…何するの…あぁんッ!』元鍼灸師のベテランで人体のツボというツボを知り尽くしている山田にとってそれは容易であり性的興奮の最高潮でもあった。『ウヒヒ!いいからいいから奥さぁん』山田は発情した人妻にチ〇ポマ〇コを繰り返し最終的にはいつもの膣内発射をしかける―。基本13p、差分総数26p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

掃除のおばさんに筆おろしされました。

掃除のおばさんに筆おろしされました。

[ 詳細] 2017-10-02 [pietro]

最安:604 円

DMM同人 604

家に来た掃除のおばさんをエロい目でみてしまった少年シュンがとある弱みを握り、おばさんへ初体験を半ば強引にお願いし結果最後までヤってしまうお話です。■あらすじ何も変わらないいつもの日、いつもの昼間―。少年と清掃のおばさんががリビングに二人きりという状態だが少年にはいつもの日ではなかった。それは掃除のおばさんをエロい目で見ていたからだ。そしてソレはもう我慢の限界だった。少年の名は『シュン』。『おばさんエッチしたことある?教えてよ』質問を受けたおばさんは突拍子もない内容にたじろぐも流すようにあしらったがソレを受け入れざるを得ない状況になる。『おばさんいいつけるよオ○ニーのこと』『…え?』そう、おばさんは欲求不満がつのり仕事中にもかかわらずバスルームで自慰行為をしていたのだ。それを偶然見たシュンはその事実を条件におばさんとのセ〇クスを仕掛けた。答えは当然YESだ。『ああっ…おばさんすごい気持ちいい…』『もういいでしょ…』『ダメだよ最後までやるんだもんいいつけられてもいいの?』おばさんはシュンの狡猾なプレイに気が滅入りながらも徐々にその初々しいセ〇クスに発情する。やがては熟女のテクニックを余すことなくシュンの'はじめて'に展開し最後にはシュンに膣内射精を許してしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

母ちゃんのおマンマン。

母ちゃんのおマンマン。

[ 詳細] 2017-09-25 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

モテないブ男は母ちゃんが大好きでいつも写メした画像でオナっていたがふと母ちゃんを見てしまうとヤリたくなってしまいいつものセ〇クスをはじめてしまう異形日常の話です。■あらすじタケシはモテないデブブサイクの三拍子そろったいわゆるブ男だ。当然カノジョなんか一度もできたことなく独身だ。『ああっうっ!』スマホ片手にチ〇ポをしごいて気持ちよくなる日課の最中だった。『なにやってるのタケシ?』とふと母ちゃんにソレがバレてしまうが母ちゃんが気にしていたのはソレではなくスマホに写っている画像だった。『やめなさいよ…もう』母ちゃんの写メだった。そうタケシは母ちゃんが大好きだったのだ。母ちゃんでしていたのだった。『イヒヒ…だって母ちゃんのおっぱいとかお尻エロいんだもん』『いやんっやめなさいってば!』タケシは母ちゃんを見るなりヤリたくなり手マンをはじめ母ちゃんは仕方なく耐える。好きだ好きだというタケシ。モテないタケシに同情していしまい、母ちゃんはその豊満なカラダとエロいマ〇コでタケシの熱い精子を受け入れる―。基本10p、差分総数20p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

ママがいるとムラムラする。

ママがいるとムラムラする。

[ 詳細] 2017-09-18 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

ママのことが好きな少年がふとしたときに寂しくなるとママにエ〇チなことを要求してしまうクセがありママも母性からその要求を呑んでしまい結果最後までエ〇チをしてしまう話です。■あらすじ『ママぁアソコが痛くなっちゃった…』『ダメだったらショウタ…今日で二回目よ』と困った様子で子『ショウタ』を諭しているママがいる。一見、母と子の日常会話のようだが実は違っていたのだ。『ああッ!ママやばいよお口でするのすごく気持ちいいよ!!』なんとママは突如フ〇ラをはじめたのだった!痛がるチ〇ポを手でやさしくさすり手馴れた様子でスボンをおろしパクっとくわえ頭を前後にゆらし唾液が地面に着かんばかりにねっとりとジュボジュボしだしたのだ。ショウタはふとしたときに寂しくなるとママとヤりたくなるというクセがあり今まさにそれが発動中なのだ。『ママ…挿入れたいよ!挿入れたいよー!さびしいんだもんッ!』『もう…』離婚し父親のいない環境をわびしく思いママはその言葉を出されるたびに服を脱ぎ口やおっぱいやマ〇コで手厚く奉仕してしまうのである。ショウタもそれを分かってママをオカしまくり最終的にはママも快感を得、ショウタの熱い精子をそのマ〇コの中ですべて受け止めてしまう―。基本11p、差分総数22p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

人妻をアプリでヤれた。

人妻をアプリでヤれた。

[ 詳細] 2017-09-11 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

デブでブサイクの男が女とヤれるアプリを手にいれとなりに住む美人でで巨乳の人妻にそれを使ったら速攻でセ〇クスできてしまったお話です。■あらすじいつもブ男が頭を悩ませているのは隣に住む美人で巨乳の人妻だった。ブ男はある日街中でアプリという女とヤれるアプリを怪しいセールスマンから手に入れたのだった。半信半疑だったが試して使ってみるにはひとつしかなかった。となりの人妻。。。アプリを起動してフラッシュライトを本人に当てるだけというシンプルな操作だったがすれ違いに当ててみたところその人妻が突如ブ男の玄関にバスタオル姿で現れたのだった。何とブ男のことを想像してしまって体がうずいてるというのだ。効果テキメン!ブ男はここぞとばかりに人妻のアソコをいじくった!人妻はだが完全に感じてしまっている。そのリアクションにブ男は溜まっている性欲を解放させ人妻のおっぱいやオシリやぐちょぐちょに濡れたマ〇コへ自分の紅潮したチ〇ポをねじこみねじこみ最後には膣内でバク射精させる―。基本12p、差分総数24p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

ママのエプロンはドキドキッ。

ママのエプロンはドキドキッ。

[ 詳細] 2017-09-04 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

夫の単身赴任中、ママのオ○ニーを見てしまい寂しさをコジらせてしまった少年がママに裸にエプロンを着せエ〇チな事をし結局最後までヤってしまうお話です。■あらすじ何気ない昼下がりの日常―。ドンっとキッチンのドアを勢いよく開け大きな声で母親を誘うのはあどけない少年であった。母親は顔を赤らめ後姿に少年の誘いにOKの応えを発するがなんとハダカにエプロン姿で料理を作っているのだ。そうそれこそが少年の要求する姿でありさらにはエ〇チなことまではじめようというのだ。性癖全開の少年に意外にも困惑をそれほどみせていない母親にはやむを得ない理由をかかえていた。それは少年が父親の長い単身赴任で寂しい思いをしていたところに母親のオ○ニーを見てしまい歪んだ寂しさと性癖を覚えてしまったからなのである。同情と母性で少年の思うままの性癖を受け入れるママだがママもまた夫の単身赴任による溜まりに溜まった性欲が爆発する―。基本11p、差分総数22p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

叔母さんがエロくて集中デキナイ。

叔母さんがエロくて集中デキナイ。

[ 詳細] 2017-08-28 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

とある少年が学校教師をしている叔母さんに勉強を教えてもらっている最中、叔母さんの巨乳でエロいカラダに興奮してしまったのがバレてしまい叔母さんにと性処理をしてもらうが結果最後までヤってしまう話です。■あらすじ何気ない日常―。何気ない自宅の部屋―。そこにはとある普通の家庭のリョウタという少年と年増の女がいる。机に向かって体を寄せ合って本に集中してる姿はまさに大人が少年に勉強を教えている形そのものであるが少年と叔母の関係であった。しかし少年は集中できなかった。若干の汗ばみと頬を赤らめた苦悶にも似た表情でいっぱいだったのは叔母の豊満なカラダとこぼれんばかりの巨乳がドンと机に乗っていたからだ。『ああッ!叔母さんいいよッいいよ!』『ヌいちゃわないと集中できないでしょ?』突如、叔母は少年のズボンをおろし手コキをはじめたのだ。『あッあああ叔母さんッ!!』叔母はすべてわかっていたのである。年頃の少年が異性に対してエロの好奇心で頭がいつも爆発していることを。優しき叔母はその母性あふれる艶やかな手と口とおっぱいで少年の性処理に向かうも逆にオスのスイッチが入った少年は叔母のマ〇コを欲しがりに勃起した初々しいチ〇コを容赦なくねじ込みまくる―。基本11p、差分総数22p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。

となりのムラムラ奥さん。

となりのムラムラ奥さん。

[ 詳細] 2017-08-21 [pietro]

最安:756 円

DMM同人 756

毎晩ケンカしている夫婦の声をブ男がボイスレコーダーへ撮りゆすってエッチなお願いをしたら結果最後までヤってしまう話です。■あらすじ夜―。壁へ耳を張り付け荒々しい鼻息とかたくなに猫背の姿勢を崩さずずっと興奮している男がいた。30歳、デブ、ブサイク、ニート。彼が壁の向こうに執着しているのはいつも朝のあいさつを交わす清楚で愛らしい人妻が住んでいるのだ。いや、巨乳、でエロい体。意を寄せている本当の理由はこの2つだ。意外にもこの麗しい人妻が毎晩のように夫婦ゲンカを繰り返し壁の向こうから聞こえてくるその内容はなんとセックスレスということなのである。これが壁への執着である。ある日―。ブ男は興奮がおさまらずついにその人妻へ思いを伝え突然にもエッチなお誘いをする。長く思い悩み人妻は少しだけならとおっぱいをさらしてしまう。なんとブ男は夫婦ゲンカの声をボイスレコーダーに録音しネットにアップするという強行手段に出ていたのだ。少しのエッチな要求のはずがやがてエスカレートし人妻はでエロいその体を許し、ブ男のケモノめいたセックスに干上がっていた淫らな本能を呼び覚ましていく―。基本12p、差分総数24p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。


 1 | 2 | 3 | 4 | 次へ

 PR キーワード

Chu×Chuアイドる2 -melodies×memories- ダウンロード販売

アダルトアニメDVD通販


DLサイト DMM同人 デジケット DLゲッチュ ギュッと ゲーム999

0.657 Second. 14 Cecking Now